理念

アゼリーグループ理念

利用者第一主義
安全・快適な環境整備を心がけます。
満足していただける運営をします。
園児だけでなく保護者様の声にも耳を傾けます。
地域社会への貢献
地域に愛される施設を目指します。
地域社会へも積極的に参加します。
地域へ情報を発信します。
卒園児と保護者様をいつまでも大切にします。
地域の小学校・中学校と連携を深めています。
仕事を通しての自己実現
人の成長を大切にします。
職員の研修、人財育成に力を入れています。
意欲を評価します。
良いところを褒め合います。
学園内交流を図っています。

アゼリーの行動指針

グループでは、この行動指針を規範としています。

つねに、耳を傾ける
私たちは利用者様の「声」に耳を傾けます。
どのような希望を持ち、何に困っているのかいるのか、一緒に考えていきます。
つねに、感謝する
私たちは、世界で一番「ありがとう」をいただく仕事をしています。
つねに感謝する心を忘れずに、素直にありがとうと言える人を目指します。
つねに、笑顔を忘れずに
私たちは、常に笑顔を忘れずに人と接するようにして、明るい雰囲気づくりに努力していきます。
つねに、地域のために
私たちは、地域と一緒に成長し、支え合い、地域にとって必要不可欠な存在となれるよう、地域への貢献を行っていきます。
つねに、守る
私たちは、法律や社会のルールを守り、私たちに何ができるかを考えます。
利用者様の生活や情報、そして家族も守っていきます。
つねに、成長する
私たちは、成功も失敗も自分の糧として、今後に活かせるように考えていきます。更なる高い目標、自己成長を目指し、積極的に行動していきます。
つねに、協力しあう
私たちは、つねにお互いを信頼し、またお互いの意見や主張を尊重していきます。そして、新しい課題や困難な課題にも、ともに協力し合い立ち向かっていきます。
つねに、チャレンジする
私たちは、つねに自己実現に努力し、新しい課題や困難な課題に積極的にチャレンジするよう心がけます。

理事長挨拶

アゼリーグループ理事長 医学博士来栖宏二 アゼリーグループは「利用者第一主義」「地域社会への貢献」「仕事を通しての自己実現」を経営理念として掲げております。現在、ゆうに1000人を超える様々なご利用者様が当グループの施設をご利用されています。私たちは職員一丸となってご利用者様を第一に考え、質の高い「福祉・医療・教育」サービスの提供、また地域社会への貢献を通して満足度の高い場の提供ができるよう、事業運営を行っております。

そういった地域や様々な人との関わりの中で、アゼリーグループが大切にしているものは「人財」です。質の高いサービスの提供を通して、すべての職員に仕事を通して自己実現をしてもらいたいと願っております。グループ全体での職員のキャリアアップを実現するため、独自の研修制度をはじめ、資格取得のサポートやスキルアップ、キャリアステップ制度を導入しています。
私たちが次のステージに進むためには新しい「人財」が必要です。
ともに成長していきたい!輝いていきたい!そういった方をお待ちしています。

アゼリーの由来

  • 情熱
  • ほめる
  • 自尊心

アゼリーは、フランス語でAzaleéと表記し、アザレーとも発音します。英語ではAzaleaと表記し、アザレアと読みます。
日本では「つつじ(躑躅)」を意味します。

「つつじ」は学園発祥の地、東京都江戸川区の区花で、特別養護老人ホーム「アゼリー江戸川」を開設する際に、前江戸川区長の中里喜一氏に命名していただきました。

「つつじ」花言葉は、自尊心、情熱を意味します。
学園カラーの赤色は、職員が情熱をもって、園児、学生、利用者様の自尊心を育めるサービスを実践していきます。
発散するエネルギー、祝福の色(人をほめる)意味があります。